遺言書(遺産相続)

遺言書は主に遺産相続を明確にする為のもので、生前元気にうちに財産の分割を公証人役場に届けることを意味します。
事前に公証人役場に届て置く事で、相続人のトラブルを防ぐ事が出来るかと思います。

また、遺言書がない場合は、配偶者、子供、親、兄弟という順の
相続人が集まって、民法に定められた割合で遺産分割協議が行われます。

遺言書には一定のルールがあり、それが満たされないと法的に無効になります。
費用はかかっても、行政書士に任せましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください