人生をも変える一着のエンディングドレス(お客様からの手紙)

親戚の突全の他界に、ぴっくりして告別式に参列していました。すると、主人のお母様から声をかけられ、これまた、びっくりしました。実は、主人のお母様とは、訳がありほとんど縁を切った状態でここ数年まったく会話がありませんでした。しかし、「親戚の叔母様のエンディングドレスをみて、とても素敵ね?」と言われ、えっ!・・・と言いましたが、理不尽ではありますが、それはそれは楽しそうに「私も逝く時はこのような花柄のエンディングドレスを着たい」と言われ、何故か涙があふれて来ました。もう少し、お母様の病気の事やお母様の内心を考えてあげれば良かったと思いました。あれから、数年現在まで夫とお母様・子供2人仲良く暮らしてます。

2016年1月10日