「終活消費」に高齢者走る 墓で「子に負担かけず」

高齢者が生前に暮らしの整理をつけておく「終活」。エンディングノートや遺書を準備する一方で、子世代に負担をかけたくないと、地方にある墓を自宅の近く に移したり、自分で購入したりする人が目立つようになった。< 記事のページへ>

終活・・大橋巨泉はがん闘病から終活へ

大橋巨泉はがん闘病を諦め自宅売却 事務所社長が終活を証言した。

2016年1月4日 – 大橋巨泉が15年10月にオーストラリアの自宅を手放したと週刊ポストが報じた。

周囲に は「がんとの戦いはもう終わり!」と宣言したという。「家を手放したのも『終活』の一環 です」と所属事務所の社長は説明した.

巨泉さんもう頑張れとは言えませんが、一日一日を大切に生きてください。